×

CATEGORY

  • ファイアーバウム ファイアーバウム
  • オリジナルバウムクーヘン オリジナルバウムクーヘン
  • 手作り最中 手作り最中

Information

Pick Up おすすめ商品

Contact us お問い合わせ

バウムクーヘンのご依頼やご不明な点など
ございましたらメールより
お気軽にご連絡ください!

和菓子の由来

和菓子の由来

四季によって売られている商品が異なる和菓子。
見て楽しみ食べて楽しむ菓子は世界的に見ても珍しく、バリエーションも多彩ですが、和菓子の由来ははっきりしていません。
古くは遣唐使によって伝来した唐菓子を由来とする説に加え、南蛮菓子(安土桃山時代にもたらされた外国のお菓子)を由来とするものや、洋菓子に対する区別として和菓子という名称をつけた…など、多くの説が残されています。

そんな和菓子ですが、数多く種類の全てに由来が存在し、そのひとつひとつに込められた意味を調べるのもまた面白いものです。
例えば最中のような形をした干菓子こと「落雁(らくがん)は、近江八景の瀬田に雁が降り立つ姿から取ったという説もあれば、江戸時代に時の帝が残した「白山の雪より高き菓子の名は四方の千里に落つる雁かな」という御製から取られたものとさまざま。

目で見て、味を楽しみ、由来を知る。
興味を持って食べる和菓子の由来を紐解くことで、今まで知らなかった歴史を学ぶこともできるかもしれません。

最中の歴史

最中の歴史

餅から作ったパリパリの皮に、あんこや求肥(ぎゅうひ)、餅などを入れたお菓子こと最中(もなか)。
形状に工夫を加えられやすいことから、全国の和菓子店で特色ある最中が売られています。

さて、最中の由来は非常に古く平安時代に記された「拾遺和歌集(しゅういわかしゅう)」には最中の由来となる唄として、「池の面に照る月なみを数ふれば今宵ぞ秋のもなかなりける」という作品があります。
丸く大きな月を「もなかの月」と表現し、名称を定着させる辺りが、なんともロマンチックなものです。

そんな最中ですが、昔は皮に砂糖をかけただけの干菓子でした。しかし、江戸時代に皮種(昔の最中)にあんこを挟んだものが売れるようになると瞬く間に全国に浸透。現在の最中として全国に知れ渡ったというわけです。

最近では皮とあんが別になっている最中が売りだされるようになりましたが、これは餡(あん)に残った水分を皮が吸収し、最中が湿気てしまうのを防ぐための工夫と言えます。これによりパリっとした最中が食べられるだけではなく、皮にあんこをつけて食べるといった、今までの最中とは異なる食べ方を行えるようになりました。
このように、最中は古くから変化し続けてきた和菓子なのです。